バイナリーオプションを体験してみよう

バイナリーオプションの休みは各業者の営業時間をチェックしよう

バイナリーオプションのトレードでいつできて、いつできないかがいまいち分からない…という悩みを持っている方も多いと思います。

そこで、今回は、バイナリーオプションの営業時間や休業日について解説していきます。

当ページで分かること
  • バイナリーオプションの営業時間・休業日
  • バイナリーオプションで稼ぐための休業日の行動

このような内容で進めていきます。ぜひ、最後までご覧ください。

バイナリーオプションの営業時間・休業日

バイナリーオプションの営業時間は、平日が営業日で、土日が休業日になります。
それは、為替相場が動くのが平日で、休日は相場がお休みだからです。それに伴いバイナリーオプション業者も休業になります。

バイナリーオプションは主に、為替相場が上がるのか・下がるのかを予想する投資ですので、相場が動かなければ、バイナリーオプションのトレードができませんからね。

これが基本的な流れになりますが、詳しくは業者ごとに異なります。特に年末年始などの営業時間は業者ごとに対応が異なりますので、しっかり確認しておく必要があります。

では、具体的な営業時間について解説していきます。

ここからは、バイナリーオプション業者の中で一番人気であるハイローオーストラリアの営業時間を例に解説していきます。

[st-mybox title=”営業時間” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

月曜日:8:00〜翌6:00
火曜日:8:00〜翌6:00
水曜日:8:00〜翌6:00
木曜日:8:00〜翌6:00
金曜日:8:00〜翌6:00
土曜日:休業日(朝の6時までは取引可能)
日曜日:休業日

[/st-mybox]

このような営業時間になります。

平日は基本的に取引可能ですが、朝の6:00〜8:00までの時間は取引ができなくなります。
そして、土日。
金曜日から日付が変わり、土曜日の深夜0:00〜6:00までは取引可能になりますが、それ以降は取引ができなくなります。

次に取引が再開されるのは、月曜日の朝8:00〜になります。
土曜日の営業時間が少しややこしいですが、平日ができて土日ができないという認識でOKです。

休み機期間のデモ取引について

リアル取引はできないことがわかったけど、デモ取引ならできる?と思った方。

残念ながら、土日はデモ取引をすることもできません

デモ取引は、仮想のお金を使って取引しますが、レートはリアル取引と同じものです。つまり、リアル取引同様、為替相場が動かなければ、デモで取引することも不可能です。

仮想通貨取引について

為替相場がダメなら、仮想通貨取引ならできるのでは?と思うでしょう。株式や為替の場合は、平日のみで、土日は基本的にお休みですが、仮想通貨は、平日、土日関係なく、相場が動いています。

たしかに、仮想通貨は、土日でも動いているので、取引できそうですが、バイナリーオプション業者で仮想通貨の取引することは基本的にできません。

ただ、CoinCheckやBitFlyerなど仮想通貨の取引所であれば、取引は可能です。ここでは、あくまで、ハイローオーストラリアなどのバイナリーオプション業者で仮想通貨の取引はできないということです。

ほとんどのバイナリーオプション業者が土日になると、全ての取引を閉鎖してしまうので、仮想通貨取引もできなくなってしまうということです。

土日に仮想通貨の取引をしたいのであれば、仮想通貨の取引所で取引することをオススメします。

祝日について

では、最後に祝日に取引ができるについて。

土日が取引できないってことは、祝日も取引できないのでは?と思った方。

安心してください。祝日は取引が可能です。本来平日の日が祝日なのであれば、取引可能ですが、土日と祝日が重なった日は当然、取引ができないので、注意してください。

祝日でも株式市場が動いてない日がありますが、為替市場は動いています。なぜなら、日本だけではなく、世界各国に投資家がいるからです。

祝日で日本の市場がお休みでも、ロンドン市場、ニューヨーク市場など、世界の市場は通常通り動いています。だから、祝日でも取引が可能になるのです。

これが、為替取引の良いところですよね。
ただ、注意して頂きたいことが、祝日の日は比較的、相場の動きが不安定になりやすいです。

祝日ということもあり、相場の参加者が非常に少ないです。ですので、相場が全く動かなかったり、逆に、急に大きく動いたり、相場の方向性が予想しづらい傾向にあるので警戒しましょう。

最後に。祝日でも取引ができるとは言いましたが、例外があります。それは、年末年始などです。年末年始は、平日、休日関係なく、取引を閉鎖しています。

業者ごと、その年ごとに、いつからいつまでを閉鎖するかは異なりますので、必ずチェックするようにしましょう。

バイナリーオプションで稼ぐための休業日の行動

相場が動いていない休業日に関しては、取引自体ができないのでお金を稼ぐことはできません。
ただ、休業日だからできることや、お金を稼ぐためにやるべきことはたくさんあります。

そこで、バイナリーオプションで稼ぐための休業日の行動について解説していきます。

具体的には、

・1週間のトレードの振り返り
・動いていないチャートで分析
・手法の改善
・リフレッシュ

この4つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

1週間のトレードの振り返り

まずは、1週間の取引の振り返り。これは非常に大切です。

平日は、トレードに集中していると思うので、冷静に分析できていないことでしょう。その分析を相場が動いていない土日にやってしまいましょう。

1週間の全ての取引を1つ1つ分析していくのです。人それぞれで取引回数がバラバラなので、取引回数が多い方は大変な作業ですが、後々役に立つので、ぜひやってみてください。

これは、負けた取引だけではなく、勝った取引も振り返ることをおすすめします。時間がない方や取引回数が多い方は負けた取引だけでOKです。

振り返りをする際は、画像で保存しておくことをおすすめします。

理由は、相場の流れを掴めるからです。相場は、日々動き続けていますが、過去と全く同じ形を作ることはありません。ただ、似たような形はたくさん存在しています。

それは、人間の心理が相場を動かしているからです。投資家心理と呼ばれるもので、

・そろそろ買いたいな、売りたいな
・そろそろ利確したいな、損切りしないとな

と考えるタイミングというのは、だいたい同じです。特に、相場を動かしている上手なトレーダーさんは。

つまり、全く同じそうな相場にはならなくても、似たような相場はたくさん存在するのです。その似たような相場を見極める力をつけるために、チャートの画像を保存することは非常に大切です。

動いていないチャートで分析

動いてないチャートでも直近の相場の傾向を分析したり、さらに過去の相場を分析するなど、たくさんのことが勉強できます。

過去の相場を分析する際に便利な方法が、【F12キー】を使った勉強方法です。

パソコンの【F12キー】を押すと、チャートのローソク足が1つ左にズレます。つまり、次のローソク足を1本ずつ予想することができるのです。

1本1本動かしていくとめちゃくちゃ時間がかかって大変なことですが、確実にトレードは上手くなります。

1本1本予想するのが大変だという方は、自分がエントリーしたいタイミングだけ予想するのでも十分ためになります。

【F12キー】を長押ししてずっと進んでいき、自分がエントリーしそうなタイミングになったら、少しずつ動かしていく。そこでもし、エントリーしていたら勝っているのか、それとも負けているのかを分析していくのです。

負けていたら、なぜ負けたのかを時間をかけて分析しましょう。着実に力をつけていきたい方におすすめの勉強方法になります。

ぜひ、一度やってみてください。

手法の改善

土日だからできることとして、手法の改善があります。平日は、相場が動いているので、チャンスをまったり、リアルタイムで相場がどう動くかに集中していますよね。

ただ、土日は相場が動いていないので、冷静に相場が見れて手法の改善が思いつくかもしれません。

例えば、1つ目に紹介した【1週間の振り返り】をやっている時、自分が負けているところの共通点を見つけるかもしれません。逆に、勝っているところにも共通点があるでしょう。

この”共通点”を見つけることが手法の改善につながります。

負けているところの共通点は、今後、エントリーしてはいけないポイント、
勝っているところの共通点は、今後もどんどんエントリーしていくべきポイント。

ということです。

これを毎週繰り返していけば、あなたの勝率が5%〜10%以上上がること間違いなしです。

ぜひ、冷静に分析できる土日に手法の改善をやってみましょう。

リフレッシュ

土日でやるべきことをいくつか紹介しましたが、時にはリフレッシュも大切です。

バイナリーオプションは、瞬時の判断が非常に大切になってきます。

・チャンスが来たときに、エントリーすべきかしないべきか。
・複数の通貨ペアで同時にチャンスが来たときに、どの通貨ペアを選択すべきか。

この判断を瞬時に行うためには、頭の中をすっきりさせておく必要があります。土日に勉強しすぎて、頭の中が整理できていなかったり、疲労や寝不足で頭の回転が遅かったら、トレードに支障をきたしてしまい、逆効果になってしまうかもしれません。

バイナリーオプションで稼ぐためにたくさん勉強することはもちろん素晴らしいことですが、時には、バイナリーオプションのことを忘れて、友人とご飯を食べたり、ゆっくりテレビをみたり、旅行に行ったりして、リフレッシュすることをオススメします。

メリハリが大切なので、集中するときは集中する。遊ぶときは遊ぶ。トレードとプライベートのメリハリをつけるようにしましょう。

まとめ

今回は、バイナリーオプションの営業時間や休業日について解説してきました。

結論から言うと、

平日:営業日
土日:休業日

この通りです。基本的に為替相場が動いている時はトレードができて、動いていない時はトレードができないと覚えておけばOKです。

ただ、バイナリーオプションで稼ぐためには、土日のトレードができない時の行動も大切です。

・1週間のトレードの振り返り
・動いていないチャートで分析
・手法の改善
・リフレッシュ

この4つは必須になってきますので、無理しない程度の継続することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です