バイナリーオプション  バイナリーオプション業者

バイナリーオプションは国内業者ランキング!選び方とおすすめをチェックしよう

国内外問わずバイナリーオプション業者はたくさんありますが、FXなどと比べると情報が少なくどの業者を選べばいいかわからないという声を多く聞きます。
特に海外業者に関しては出金拒否といった詐欺まがいの行為突然のサービス終了によりサイト自体がなくなってしまうという事例もあるため、実績のある数社を除いてむやみに使用するのは避けた方が無難でしょう。

そこでおすすめしたいのが国内のバイナリーオプション業者です。
国内のバイナリー業者は金融庁が認可する「金融商品取引業の登録」を行っており、実態もきちんとしているので万が一のトラブルにも対応がとりやすいといえます。
今回はそんな国内業者の中でも厳選したおすすめ度の高い4業者をランキング形式で紹介していきます。

バイナリーオプション業者はどうやって選ぶの?

バイナリーオプション業者を選ぶにあたって何を参考にしたら良いかわからないという方もいると思います。業者ごとに異なる点としては次のようなものが挙げられます。

判定時間

バイナリーオプションとは、簡単にいうと取引開始時におけるレートから価格が上か下かを判定する金融商品です。

この取引には期限が設定されており、チケット購入からレートを判定する時間(満期)を選択することができます。

これによりレンジ相場では比較的短い時間で取引をしたり、長期的なトレンドが発生しているときは長期取引を行ったりと相場環境によって様々な戦略を立てることが可能です。

今回紹介する国内業者では最短で2分後に結果がわかります。FXでいうところのスキャルピングに近いものになりますが、スキャルピングでは少しの利幅しか出せないものもバイナリーオプションはペイアウト率が一定なので、うまくいけば短時間で大きく利益が出せるのも魅力の一つです。

取引銘柄

取引銘柄はドル円、ユーロドルをはじめとして業者ごとに取り扱う銘柄が異なります。

比較的値動きが緩やかなドル円や、値幅やノイズの大きいポンド円など銘柄によってどの判定時間を使うかも変わってきます。

ドル円は一度トレンドが発生したらなかなか逆行しないという特性を活かして判定時間を長くとる、ポンド円は値動きが上下しやすいので5~15分の短い時間でサクッと取引するなど銘柄ごとの特徴も取引に影響します。

ペイアウト倍率

ペイアウト倍率とは払い戻し金額のことです。例えば1枚1,000円のチケットのペイアウト率が2.0倍とすると、予想を当てれば2,000円が払い戻され+1,000円の利益になります。
海外のバイナリーオプション業者などは固定制ペイアウト率が一般的で、チケットの購入した時点のレートより上か下かを予測するとてもシンプルなものです。
一方、国内のバイナリーオプション業者は変動制を導入しています。これは「ペイアウトは一律だが、チケットの購入額が異なる」というものですが、簡単に言えば次のように解釈しておけばOKです。

  • 安いチケット→上か下かを的中させるのが難しい(当たる確率が低い)
  • 高いチケット→上か下かを的中させるのが簡単(当たる確率が高い)

このように的中確率が低いものほど購入金額が低く設定されているので、もし外れても損失を限定的に抑えることが可能なのが国内のバイナリーオプションです。
例えばペイアウトが1,000円としたとき、50円で購入できるチケットと1,000円で購入できるチケットがあったとします。

1,000円で購入したチケットが当たった場合は差し引き1,000円の利益になりますが、もし50円で購入したチケットを当てることができると1,950円の利益が出せるのです。

バイナリーオプションおすすめ業者をランキングで紹介

おすすめしたい国内バイナリーオプション業者をランキング形式でまとめました。

どの業者も優れているためなかなか甲乙つけがたい結果になりましたが、初心者でも始めやすいという観点を意識してランク付けしました。

情報の質や多さ取引アプリが使いやすいかといったことを中心にそれぞれの特徴や良い点を見やすく表にまとめてその後に解説を付け加えています。

比較項目 外為ドットコム 外為オプション みんなのオプション 選べる外為オプション
取引方法
判定時間の多さ
1日の取引回数
取引銘柄数
ペイアウト倍率の高さ
最低購入単位
スプレッドの狭さ
スマホ対応 〇(スマホ用サイト) 〇(スマホ用サイト) 〇(スマホ用サイト) 〇(スマホ用サイト)

【第1位】外為ドットコム

詳しくはコチラ

項目 外為ドットコム
取引方法 ラダーオプション
取引時間 月~金AM8:20~翌AM4:20
判定時間 2分~2時間
1日の取引回数 10回
取引銘柄 米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
ユーロ/米ドル
トルコリラ/円
ペイアウト倍率 1~25倍
最低購入単位 1枚40円~999円
スプレッド 100円
スマホ対応 〇(スマホ用サイト)

外為ドットコムはバイナリーオプションだけでなくFX取引も行っており、国内第4位の取引高を誇る業者です。

この業者最大の魅力はまず情報の量の質の高さでしょう。
公式サイトにはマネ育チャンネルというFXに関する情報を提供するコーナーがあります。


酒匂隆雄氏、井上義教氏、川合美智子氏といった金融業界で実績のある有名なプロFXトレーダーが毎週Youtubeで配信しているレポートや毎日更新される為替に関する情報は初心者から上級者まで様々なニーズを満たしてくれます。
また、他業者よりも少額から始められる点も初心者には嬉しい点です。デモ取引も可能ですが、実際の資金を使用して練習したいという方は1枚40円からでも取引できます。

デモでは中々本気になって練習できないという声は良く聞くので、少額でも大切な資金がかかっていた方が得られるものも大きいのではないでしょうか。
他業者と比較して突出した点として、取引銘柄の多さがあげられます。米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/米ドルなどのメジャーな通貨ペアはもちろんNZドル/円やトルコリラ/円といったマイナー通貨ペアと呼ばれる銘柄の取引も可能です。

【第2位】外為オプション

詳しくはコチラ

項目 外為オプション
取引方法 ラダーオプション
取引時間 月~金AM8:20~翌AM5:00
判定時間 2分~2時間
1日の取引回数 10回
取引銘柄 米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
ユーロ/米ドル
豪ドル/円
ペイアウト倍率 1~20倍
最低購入単位 1枚50円~999円
スプレッド 60円
スマホ対応 〇(スマホ用サイト)

外為オプションはFXでおなじみのGMOクリック証券が提供しているバイナリーオプションです。

知名度が高いことやバイナリー用のスマホアプリが見やすいという点などFXと同様にわかりやすく使いやすいという特徴があります。
短期での取引をする上で大切なのがチャート上の値動きがはっきりわかることなので、その点外為オプションでは完成度の高いアプリを使用できる点は他にはない魅力です。
また、スプレッドも60円と他の業者と比較してかなり狭いので、短期での取引もしやすいという特徴があります。

入金も手数料が無料でリアルタイムで反映されるので、とことん使いやすさにこだわった業者であることが伺えます。

【第3位】みんなのオプション

詳しくはコチラ

項目 みんなのオプション
取引方法

ラダーオプション
レンジオプション
取引時間 月~金AM7:10~翌AM5:10
  月~金AM8:10~翌AM6:10
判定時間 2分~2時間
1日の取引回数 11回
取引銘柄 米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
ユーロ/米ドル
ペイアウト倍率 1~20倍
最低購入単位 1枚50円~999円
スプレッド 120円
スマホ対応 〇(スマホ用サイト)

 

みんなのオプションはトレイダーズ証券が提供するバイナリーオプションサービスです。もともとみんなのバイナリーとみんなのオプションと2本の口座がありましたが、2017年11月に統合されみんなのオプションのみとなりました。
みんなのオプションの他業者にない特徴はなんといってもレンジオプションでも取引ができるということです。

  • ラダーオプション…チケット購入時の価格よりレートが上になるか下になるかを予想する
  • レンジオプション…チケット購入時の価格の上下一定の価格にレートが収まるかどうかを予想する

一般的なバイナリーオプションではラダーオプションしか取り扱われていませんが、みんなのオプションでは値動きがないレンジ相場だと思ったらレンジオプションを使うことでさらに利益を上げやすくなっているのが特徴です。

取り扱っている通貨ペアが米ドル/円・ポンド/円・ユーロ/円・ユーロ/米ドルの4種類のみという部分がネックですが、バイナリーオプションは一つの通貨ペアに専念した方が値動きの癖がわかって取引しやすいということもあるので4つの通貨ペアでも十分という見方もできます。

【第4位】選べる外為オプション

詳しくはコチラ

項目 選べる外為オプション
取引方法 ラダーオプション
取引時間 月~金AM8:20~翌AM4:00
判定時間 2分~2時間
1日の取引回数 10回
取引銘柄 米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
ユーロ/米ドル
ペイアウト倍率 1~20倍
最低購入単位 1枚50円~999円
スプレッド 140円
スマホ対応 〇(スマホ用サイト)

選べる外為オプションは、GMOインターネットグループの子会社であるFXプライムbyGMOが提供しているバイナリーオプションサービスです。
系列的にはGMOクリック証券が提供している外為オプションと同じで、システムやサービスが似ているのが特徴といえます。
FXプライムはGMOクリック証券と比べると知名度はやや劣りますが、同じ子会社であることから信頼性も高く、マホ用の取引アプリなどの見やすさに定評があります。
実は外為オプションと比較すると取引の判定時間が異なるため、両社の口座を開設していれば1日の間に計20回の取引をすることも可能です。
取引アプリの使い方もほぼ同じなので、すでにどちらかの口座を持っているという方は試してみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

バイナリーオプションはFXと比較して取引時間を限定するため、短期間や値動きが少ない相場でも利益を上げることができます。一方、バイナリーオプション業者を選ぶ際はFXよりも信頼性の低い業者が多い海外業者ではなく国内業者にすることをおすすめします。

今回紹介した4つのバイナリーオプション業者はどれも信頼と実績のある業者ばかりなので、金融取引は初めてで不安という方でも安心して使うことができます。

FXでは追証(借金)が心配という方でも、バイナリーオプションであれば損失はチケットの購入金額のみと限定的に抑えることができるのが魅力です。さらに、決済も必要なく本当に上か下かを予測するだけで判定は自動的というところも初心者にはわかりやすい仕組みとなっています。

バイナリーオプションは相場の動きがどういうものなのか知っておきたいお試しで投資してみたいという方にぴったりの投資方法ですので、ぜひ活用してみてください。

-バイナリーオプション , バイナリーオプション業者
-

Copyright© バイナリーオプション&fxの指南書 , 2020 All Rights Reserved.