FXの基礎知識

FXとは?FX投資の仕組みやリスクを初心者向けに解説!!

最近ではFX(外国為替証拠金取引)と言う言葉が主婦や学生の間にも広まり、より一層身近なものとして聞かれるようになりました。

これからFXを始めようと考えている方の多くは「FXは稼げる」と聞いて興味を持ったのではないでしょうか。

よく「数秒で10万円の利益が出た!」「ただの主婦がFXで年収1億に」と言ったような文句でもてはやされていますが、一方で「数百万円溶かしました…」「1000万円の借金を負いました」というネガティブな意見も耳にしますよね。

そのため借金や悪徳業者に騙されたりしないかなと言う不安ももちろんあると思います。

この記事ではそんな方が少しでもFXについて正しい理解を得られるように必要な基礎知識を解説していきます。

こんな方におすすめ

  • FXは稼げるって聞いたけど、そもそもFXって何?という方
  • FXの基本的な仕組みについて知りたい方
  • 自分がFXに向いているかどうか知りたい方
fxの基礎知識を解説していくよ!

FXって何?

fxとは

FXは「Foreign eXchange=外国為替証拠金取引」の略で、証拠金(元手)を担保に外貨を売ったり買ったりすることを指します。

FXってそもそも何?という方にもわかるよう具体的に解説していきます。

FXは2国間の通貨の売買のこと

FXを一言で表すとすれば「両替」ということができます。FXは必ず2国の通貨がペアになっていて、それらの売買で利益を出すことが主です。

例えば米ドルと円の通貨ペアに「米ドル/円」がありますね。海外旅行などで円を米ドルに両替することがありますが、そのときのレートが1ドル=100円だとします。

相場は常に変動しているので、1年後に1ドル=100円だったものが120円になりました。

もしもこのとき両替した1ドルを使わずに持ち続けていたら、1ドルの価値が120円となり、円と交換すると差額の20円が儲かるのです。

これが外貨で稼ぐ、つまりFXで儲けるということです。このように為替の動きを見て、外貨の買い時売り時を見極めて、その売買によって差益を得るのがFXで儲ける一つの方法です。

FXの仕組みはどうなってるの?

FXの基本的な仕組みは非常に簡単で、買い」か「売り」の2択しかありません。

米ドル/円」であれば、今後ドルの価値が「上がる」と予想するならば「買い」、「下がる」と思ったら「売り」エントリーをします。

この「買い」と「売り」についてもう少し詳しく見ていきましょう。

fxには買いと売りのポジションがある

fxには買いと売りのポジションがある

例として米ドル/円の通貨ペアをトレードしたときどのようなことが行われているか見ていきます。

FXでは1ドルや1ポンドなどペアによって扱う通貨が異なるため、便宜上「1通貨」という単位で表します。

買いポジションとは

買いポジション」を持つということは、円を売ってドルを買うということです。

例えば1ドル=100円のとき、これ以上下がらないと予想して10万通貨(10万ドル)の買いポジションを持ちました。

1年保有し続けて米ドル/円のレートが1ドル=110円になると、1ドルあたり10円の為替差益となります。

したがって、次の計算から全体の利益は100万円です。

10円×10万通貨=100万円

売りポジションとは

次に「売りポジション」について解説します。

売りポジション」を持つということは、ドルを売って円にして買い戻すということです。

国内のFX業者は基本口座の通貨が円のため「売りポジション」は少々わかりづらいと思います。

円しか持っていないのにドルを売る?」と疑問に思った方もいるでしょう。

そうです、FXではドルを持っていなくても先にポジションを持った時点でドルを売ることができます(これを空売りと言います)。

例えば1ドル=110円のとき、ここから下がると予想して10万通貨(10万ドル)の「売りポジション」を持ちました。

このときドルは実際に持っていなくても(持っていたとして)1ドル=110円で売りに出したことになります。つまり

110円×10万通貨(ドル)=1,100万円

相当のドルを売り、代わりにFX業者から決済したレートで1,100万円分のドルを買い戻す権利を貰います。

予想通りにドル安円高が進み、1ドル=100円にまで下がりました。この時に買い戻せるドルは

1,100万円÷100円=11万通貨(ドル)

これを円に直すと

11万通貨(ドル)×100円=1100万円

となるので、差額の

1,100万円-1,000万円=100万円
が利益になります。

ポイント

  • 買いポジション」を持つということは、円を売ってドルを買うということ
  • 売りポジション」を持つということは、ドルを売って円にして買い戻すということ

外貨預金との違いは?

FXも外貨預金も円を外国通貨に換えて保有することですが、2つの大きな違いは手数料とレバレッジ(てこ)です。

そのため最近では、銀行ではなくFXの口座を使って外貨預金(=トレード)をする人もいます。

FXは外貨預金と比較して手数料が格段に安く、レバレッジ(てこ)を使って証拠金(元手)の何倍もの取引ができるからです。

例えば1ドル=100円のとき、レバレッジが100倍なら100万円の証拠金(元手)で100万ドル(1億円)のポジションが持てます。

ただ昨今では行き過ぎたレバレッジが為替相場に与える影響や個人投資家の大きな損失などが問題になり、現在の国内FX業者のレバレッジは金融庁により最大25倍に規制されています。

それでも外貨預金に比べると儲けは25倍とかなり大きくなりますが、損失も25倍になるということですから安易にレバレッジを上げるのは危険です。

しかしレバレッジが証拠金(元手)と等倍であれば外貨預金と同じなので、手数料が安くクリック一つで売買できるFXはとても良い投資手段といえるでしょう。

FXでどうやって稼ぐの?

FXには相場の変動を利用して稼ぐ「為替差益」と外貨との金利差で利子を稼ぐ「スワップポイント」の2種類の方法があります。

為替差益による利益

ポジションを持った時点での為替レートと決済したときの為替レートの差を利用して稼ぐ方法が「為替差益」です。

一般的にFXで稼ぐというとこちらの方法がメジャーといえます。なぜならば金利差を利用して稼ぐ方法と比べて為替レートの変動率が高いからです。

例えば円と外貨の金利差が数%であるのに対し為替レートは10%以上動くことがありますから、時間をかけて利息を積み上げても為替が大きく動けば利息は一気に吹き飛んでしまいます。

それだけに、FXではその外貨の過去から現在までの為替レートの流れを知り、将来を予測することが欠かせません。

スワップポイントによる利益

FXにも長期目線で外貨を買って金利差で稼ぐ方法があります(スワップ狙い)。

金利は基本的に毎日付与され、この時に貰える利益を「スワップポイント」と言います。

スワップポイント引用元:YJFX

FXでは外貨預金では扱っていないような多くの通貨ペアを取り揃えていることが多く、金利の高いものも多くあるのが魅力です。

スワップ狙いでポジションの長期保有を考えている方は次のような金利の大きな通貨のペアを選ぶということも一つの選択肢になります。

【スワップポイントの高い通貨】

  • 南アフリカランド
  • トルコリラ
  • ロシアルーブル
  • メキシコペソ

 

ただし、金利の高い新興国などは国勢によって為替変動が大きくなるので証拠金(元手)を多く用意してレバレッジを下げるといったリスク管理が必要になります。

FXの投資リスクについて

fxのリスクについて

FXはレバレッジがかけられるので少ない資金でも大きく稼げる魅力がありますが、レバレッジが大きいほど為替差損になるリスクが高まります。

もしもポジションと逆にレートが動き含み損を抱えてしまった場合どんなことが起こり得るのでしょうか。

強制ロスカットとは

FXには顧客(トレーダー)の行き過ぎた損失を防ぐために「強制ロスカット」という措置が存在します。

強制ロスカット」はFX業者ごとに定められた「証拠金維持率」がある水準を下回った場合に強制的にポジションを決済するというものです。

レバレッジを高く設定した取引ほど「証拠金維持率」が下がるので少しの為替変動でロスカットされやすくなります。

これが「ハイレバレッジはハイリスク」と言われる所以です。「強制ロスカット」を回避するためには資金に余裕を持たせてレバレッジ3~4倍を目安にしましょう。

ハイレバレッジはここぞというときにかけるもので、普段からハイレバトレードしているとあっという間に元手が底をつく確率が高くなるので注意です。

 

【証拠金維持率とは】

証拠金維持率」とは「有効証拠金」に対する「必要証拠金」の割合のことを指します。

買い」または「売り」のポジションを持った時に必要になる資金のことを「必要証拠金」といい、ポジション保有後の残高は「元金-(必要証拠金+含み損)=有効証拠金」として計算されます。

例えば以下の条件

  • レバレッジ25倍
  • 1ドル=100円
  • 10万通貨のポジション

の必要証拠金は40万円です。40万円をFX用の口座に入れて運用した場合レバレッジは等倍なので証拠金維持率は100%となります。

 

追証の危険性

追証」とはFXで抱える借金のことです。通常、FXでは強制ロスカットと言う仕組みがあるので借金を負うことはありません。

しかし相場が急激に変動した場合など稀にロスカットが間に合わないことがあります。

このような事態は経験則として数年おきにたびたび起こり、2008年の「リーマンショック」や2015年の「スイスフランショック」といった世界的に大きな経済的打撃が発生したときに起こり得るものです。

そのため含み損を抱えた顧客の強制ロスカットが遅れ口座残高がマイナスになる事態が発生し多くの人々が追証(借金)を抱える事態となりました。

FXは外貨を取り扱う投資方法なだけに、世界的な経済情勢に大きく左右されるという特徴があることを知っておかなくてはなりません。

FXのメリットとデメリット

FXの仕組みやリスクを踏まえて、FXにはどんなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

FXのメリット

FXのメリット

  • 少額からでも大きなリターンが見込める
  • 不況に影響されず利益が出せる
  • 平日24時間取引が可能

少額からでも大きなリターンが見込める

FXの最大のメリットは何といってもリターンが大きいことです。

他の投資方法と比較して信用取引によるハイレバレッジを掛けられるので、少ない元手からでも大きく稼げる魅力があります。

 

不況に影響されず利益が出せる

現物の株式投資などは基本的に株式を買うことしかできないため、世界的不況によって株価が急落するリスクがあります。

しかしFXの場合「買い」でも「売り」でもポジションを持つことができるので為替相場の急落や急騰に柔軟に対処した取引が可能です。

 

平日24時間取引が可能

FXが行われる外国為替市場は取引所のないバーチャルな世界であり、コンピュータによって24時間取引される眠らない市場です。

どこかの市場が閉まっても、他の市場が開くためFX業者の休業日である土日以外はいつでも取引することができます。

FXのデメリット

FXのデメリット

  • 世界的な経済情勢にレートが左右される
  • レバレッジはハイリスクでもある
  • 信頼性の低い取引業者も存在する

世界的な経済情勢にレートが左右される

FXは外貨を取引するため、取引している通貨国の経済的影響を受けやすいのが特徴です。

そのため日本だけでなく外国のニュースや近隣諸国の動向などグローバル的観点から相場を予想していかなくてはなりません。

 

レバレッジはハイリスクでもある

為替相場が動く最小単位のことを1pipと言いますが、ハイレバレッジでは1pipあたりの値幅が有効証拠金に対して大きくなります。

つまり、レバレッジを高く設定すると元手に対して損益の値幅が大きくなるので証拠金維持率が上下する割合も高くなるのです。

したがって含み損を抱えた時に小さい値幅でも「強制ロスカット」が発生します。

そうならないようにリスク管理は徹底して行う必要があります。

 

信頼性の低い取引業者も存在する

FX業者の中には日本の金融庁の認可を受けていない業者も存在します。

FXというのは全世界で取引されているのでもちろん海外のFX業者もあるのですが、そのほとんどは日本の金融庁の認可を受けていない業者です。

海外にもライセンスがありセーシェル諸島やバヌアツと言った国の金融機関の認可を受けているものもありますが、中には怪しい業者がいるのも事実です。

資産の持ち逃げや出金拒否など信頼性が疑わしいものも多いので、心配な人は国内のFX業者を使うことをオススメします。

FXに向いている人向かない人

FX投資は様々なトレードスタイルがあるため一概にどんな人が向いているとは言えませんが、どのスタイルでも勝っている人負けている人には共通した特徴があります。

その特徴からFXに向いている人、向いていない人を紹介していきます。

FXに向いている人

FXに向いている人

きちんと値動きを観察し、分析できる人

負けても冷静に原因を考えられる人

国際情勢に自信がある、論理的に考えられる人

きちんと値動きを観察し、分析できる人

なぜここで買われたのだろう」「このチャートの形は前に見たことがある」といった気づきからコツコツと勉強できる人はFXに向いている性格といえます。

なぜならFXの上達が早い人ほど全体を俯瞰するように値動きを見てチャートパターンを分析しているからです。

特にポジションを持った後の値動きは非常に重要で、自分がどんな根拠をもってエントリーして実際に相場がどう動いたかをきちんと観察できる人は上達しやすいといえるでしょう。

 

負けても冷静に原因を考えられる人

勝率が100%のトレーダーはいません。FXでは誰しもが負ける時があります。

始めのうちは負ける回数の方が多いので、勝つことだけを考えている人よりも負けを前提としたトレードができる人は強いです。

そういう人はしっかりとリスク管理ができるのでもし含み損を抱えても冷静でいることができます。

相場が元に戻るのを祈るよりも、早い段階で損切りして自分の間違った環境認識を改めることができるのでFXで長く生き残る人が多い印象です。

 

国際情勢に自信がある、論理的に考えられる人

トレーダーの中には海外勤めでその国の事情に詳しいという人もいます。FXではそういった強みを生かせるのが他の投資方法にはない特徴です。

また、物事に理由を付けて考えるのが得意と言う人もFXに向いています。FXは相場の分析が重要ですから、自分で手法を検証してパターンなどを論理的に考えられる人はFXが上達しやすいです。

FXに向いていない人

FXnに向いていない人

  • 感情的で稼ぎたい欲が強い人
  • 飽き性ですぐやめてしまう人
  • 小さな値動きで一喜一憂してしまう人

感情的で稼ぎたい欲が強い人

FXで最も大切なのは勝つことよりも負けない(退場しない)ことです。稼ぎたいという欲は結果を焦ってしまう原因となり、相場を冷静に観察することができなくなります。

結果エントリー回数だけが増えて細かい損切りは増えてしまうので、損切り貧乏になってしまいます。

感情的な人は負けを繰り返すことで損を取り返そうという思考が働いてしまい、最終的にハイレバレッジで強制ロスカットという典型的な負けパターンに陥ってしまうことが多いです。

 

飽き性ですぐやめてしまう人

トレードは長い目で見てトータルプラスになっていることが大事です。FXで初めから継続勝てる人はよほどのセンスがある人ですが、初心者のうちは負ける回数の方が多いと思います。

このときにFXは勝てないからと言ってすぐにやめてしまう人はFXに向いていません。FXは研究職に近いところがあるので一朝一夕で結果が出るものではないのです。

コツコツと値動きのパターンや手法を検証し、少しずつ勝ちトレードを積み重ねることがFXでは大切になります。

飽きっぽい人がFXで手っ取り早く稼ぎたいと思うと結局は損をしたままFXから退場することになってしまうかもしれません。

 

小さな値動きで一喜一憂してしまう人

相場は買い手と売り手の攻防なのでどちらか一方の値動きが落ち着くと、今度は逆方向に相場が動きます。

ポジションを持っても値動きが一方向に動くのはよほどトレンドが強い場合で、大抵は押し目や戻しをつけながら進むのが相場の特徴です。

重要なのは大きな波を捉える事で、小さな波で一喜一憂する人は精神的にも疲労が大きくなります。

その結果目先の価格の動きにだけとらわれてしまうので、冷静に相場を分析できなくなってしまうのです。

 

FXを始めたいならここを使えば間違いない

信頼性がある国内FX業者を厳選して紹介します。サービスやサポートも充実しており初心者でも始めやすいオススメな業者です。

 

DMM FX

DMM FX」は日本の企業である大手ECサイト「DMM.com」が提供する金融サービスです。

国内口座開設数が最も多いFX業者なので信頼性が高く情報量が多いのが魅力といえるでしょう。

取引手数料(スプレッド)も良心的で20もの通貨ペアから取引できるのが魅力なFX業者です。

詳しくはコチラ

GMOクリック証券【FXネオ】

GMOクリック証券」は2006年にサービスを開始したネット証券です。

PCのみならずスマホの取引にも対応しており、アプリがシンプルで使いやすい特徴があります。

どの通貨ペアも取引手数料が安定しており、初心者でも安心して使える業者です。

詳しくはコチラ

外為オンライン

外為オンライン」はFXのみを扱っている金融取引業者です。そのためFX関連の情報を多く取り扱っており、専門のアナリストの相場分析も知ることができます。

初心者用の勉強コンテンツも充実しているのでトレードを始める前に基礎知識を身につけたい人にもオススメです。

詳しくはコチラ

-FXの基礎知識
-

Copyright© バイナリーオプション&fxの指南書 , 2020 All Rights Reserved.